中堅社員研修でのご利用 | 宿泊研修施設を大阪で探すなら【ホテルコスモスクエア国際交流センター】

  • 06-6614-8700 研修・団体様専用受付
  • お問い合わせ
  • 宿泊研修に関する資料ダウンロード

中堅社員研修でのご利用の画像中堅社員研修でのご利用の画像

次世代リーダー研修、部課長研修などの中堅社員研修中堅社員研修でのご利用次世代リーダー研修、部課長研修などの中堅社員研修中堅社員研修でのご利用

次世代リーダー研修、部課長研修などの中堅社員研修中堅社員研修でのご利用

どの企業でも”中堅”といわれる社員は、会社の軸であり、
期待を大きく持たれ、将来のリーダー候補として重要な存在です。

求められる役割と現状のギャップを認識したり、
経営理念の理解を深め周りへの影響力を高めたり、
更なるモチベーションの向上を図ったりと、研修内容はさまざまです。

一つ言えるのは、このような業務・業績・職場風土の中核を担う
中堅社員への研修を重要視し、強化する企業が増えています。

中堅社員の役割・意識

Point1

好調な企業は中堅社員の能力が高い

中堅社員といっても、各企業で期待される能力やスキル・役割は様々です。
“新人”という枠から脱し、一人前に仕事をする事や、後輩育成にまで目を向けること、更には部署の業務革新に至るまで、業務は非常に幅広くなります。
企業規模に関係なく、中堅社員が元気な企業は
好調な企業であると言われています。
企業の屋台骨として活躍してもらいたい中堅社員こそ、
研修を充実させより幅広いスキルや考え方を得る事が
重要になってきます。

中堅社員の役割・意識

Point2

中堅社員世代に欠ける
リーダーシップ意識の教育

就職氷河期時代に入社した社員は、後輩を多く持たず仕事を
してきた事もあり、リーダーシップ型社員が少ないと言われています。
また、バブル時代に入社した社員との考え方や
仕事への向き合い方に大きな違いがあり、
世代間ギャップに悩む企業が多いと言われています。
中堅社員研修には、それらの問題に対する取り組みが
盛り込まれます。

ホテルコスモスクエア国際交流センター

次世代リーダー研修

Point1

リーダーとしての意識付けを

次世代リーダーとなりうる30代~40代の中堅社員は、
企業にとってのエンジンであると同時に、後輩社員の手本です。
仕事が一人前にできるようになり、良い業績を残すだけではなく、
自分自身が回りを動かし引っ張っていく存在に
ならなければなりません。
昨今の次世代リーダー研修では、人や組織を動かしながら、
企業としての問題解決ができる人材を育成する事が
目的とされています。

次世代リーダー研修
課題
これまで”個”として働いてきた為、
リーダーとしての意識が薄く、
ある程度仕事に慣れてきた為、
マンネリ感がある課題

課題対策プログラム例1

ブレーンストーミング

ブレーンストーミングとは、アイデア発想法の1つで、自由な雰囲気で、
参加メンバーが他を批判せずにアイデアを出し合い、最終的に一定の課題によりよい解決を得ようとする方法です。

課題対策プログラム例2

チームビルディング

チームビルディングとは主にチーム単位でワーク/アクティビティに取り組み、
リフレクション(振り返り)を行い、そこから学び、引き出すタイプの研修プログラムです。

いかにしてチームで問題解決に導くか、他者を巻き込んでいくかを学ぶために用いられます。
また、チームメンバー間でのコミュニケーションの取り方などの効果も期待されます。
チームビルディングは研修室でのグループワークだけにとどまらず、体を使ったゲームなどを利用されることも多くあります。

  • 当施設の活用法1当施設の活用法1

    三つ折りホワイトボード

    ブレインストーミングの際に出てくるアイデアや意見を、思う存分書き出したり、付箋を貼ったりするのに便利なのが、高さ180cm の三つ折りホワイトボードをお貸し出しいたします。

  • 当施設の活用法2当施設の活用法2

    多目的ホールの活用

    約800㎡の多目的ホール(ザ・コスモホール)は、音響設備、冷暖房が完備されています。「講義形式」「ディスカッション形式」「大きな声を出すスタイル」「体を実際に動かし絆を深めるスタイル」など様々なスタイルでご活用いただけます。

部課長研修

部課長研修

Point1

コミュニケーション能力の向上を

40代~50代の部課長クラスの中堅社員は、
部・課のマネジメントや部下の育成など、 これまでのプレーヤーとしての働きとは違った働きが求められます。
昨今、特に部課長研修で多くの時間を使われているのが、
若い部下とのコミュニケーションの取り方、周囲に対して
如何にして説得力のあるコミュニケーシションを取れるかなど、
「コミュニケーション」に重点が置かれています。

課題
世代間ギャップを単なるギャップととらえ、
理解できないものと考えてしまう。
役員と部下とのパイプでありながら、双方が理解できる
言葉絵伝えられておらず、その役割が果たせていない。

研修プログラム例1

グループ討議

コミュニケーションに重点を置く研修では、グループ討議の時間が多く必要とされます。
同じ研修参加者同士でも意見の食い違いはあり、そのズレを積極的に見つけ出すことや、
固定観念に囚われない意見の受け止め方が求められます。

グループ討議
  • 当施設の活用法1当施設の活用法1

    研修室24時間利用可能

    ホテルコスモスクエアでは、研修室が24時間利用可能です。
    フロントには24時間スタッフが常駐しており、安心してご利用いただけます。時間を気にする事なく、討議にお時間を費やしていただけます。

  • 当施設の活用法2当施設の活用法2

    無料談話室で二次会

    宿泊棟各階にある無料談話室(予約制・無料)で、研修時間内では話足りないコミュニケーションが図れます。 リラックスした談話室では、研修中だけでは出にくい本音や熱い論議が交わされる事もしばしばです。

    談話室の施設案内を見る >>

研修に集中できる環境をご提供いたします研修に集中できる環境をご提供いたします

  • Merit 1

    ロケーション

    ロケーション

    当施設がある大阪ベイエリア地区は、大阪市内でありながら、静かで緑の多い環境です。周りに繁華街等がないため、研修に集中できるる環境が整っています。
    新大阪から30分、大阪空港から43分、阪神高速南港北出口より5分と、交通の便もよい立地です。

  • Merit 2

    自由な発想が活性化する天井高

    自由な発想が活性化する
    天井高

    全ての研修室は天井高3mです。多くの貸し会議室の天井高は平均2.5mなので、50cm高い設計になっています。
    高い天井高では、自由な発想が活性化し、前向きな課題処理に向いていると言われています。
    また当館は、全ての研修室に窓を設けて、圧迫感のない様設計されています。

  • Merit 3

    ゆとりのパブリックスペース

    ゆとりのパブリックスペース

    廊下は広く、パブリックスペースがゆったりした作りになっています。
    研修の合間の休憩中など、くつろぐことができます。

関連する記事
To PageTop