自社会場・研修センターでは得られないホテルで研修を行う3つのメリット
ホテルフクラシア大阪ベイ|大阪の宿泊研修施設

研修・団体様専用受付
(9:00~19:00)
06-6614-8700

個人でご宿泊のお客様TEL: 06-6614-8711

コラム COLUMNコラム COLUMN

2016/03/14 研修運営
自社会場・研修センターでは得られないホテルで研修を行う3つのメリット
08-03_10186004474_R

社員は企業の最も重要な資産。その社員の能力、スキルを上げる有効な手段として社員研修がありますが、 社員のモチベーション、良質なアウトプットを求めるうえで研修環境への配慮はとても重要です。 研修効果を高めるために、研修会場にホテルを選ぶメリットをお伝えします。

 

環境を変えることで増す集中力、良質な研修姿勢、新たな発想が期待できる!

自社以外のホテルのような会場で研修を行うことにより、得られるメリットが多くあります。自社内では、自分のデスクが近いこともあり、取引先から電話がかかってくると途中で抜け出さなければならなかったり、部下や同僚に引き止められたり、なかなか研修に集中することができません。

研修はOff-JTと呼ばれているとおり、日ごろの業務から離れ、知識やノウハウのインプットや共有、アウトプットを通して、次の日からの業務に生かせる学びを得る場所です。研修に集中してもらうために物理的な環境に気を遣うことは、準備のうえでとても大切なことだといえます。

ただし、その際、外部会場であればどこでもよいというわけではありません。ホテルであれば、日常と切り離された空間、綺麗で開放的な会場なので、気分も変化し、日ごろ出ないような意見のやりとりが期待できます。また日常の業務の延長ではなく特別な日だ認識されることで、研修へ向き合う姿勢も自然とできてきます。

 

ホテルの研修会場は24時間使用可能、さまざまな研修プログラムにも対応!

また研修会場をホテルにすることで、実施コンテンツの幅を広げられるメリットがあります。あらかじめ決められた知識を時間内に頭にいれる、インプット型のコンテンツをこなすのではなく、受講者が自らの頭をひねって正解のない答えを導き出すようなアウトプット重視型のコンテンツを行う際は、決められた時間内に終わる保証はありません。納得いくまで考えるために、研修時間終了後も、会場は開放して、考えたい議論したい場合もあるでしょう。 そのようなとき、24時間使用可能であるホテルはとても利用しやすいといえます。

研修開始前の早朝ミーティングや、さまざまな準備等で研修開始前に会場を使いたいというときも24時間使うことができれば安心です。時間を気にせず使えるホテルで実施することで、受講生が納得いくまで研修を取り組むことができ、そうした前向きな姿勢の後押しにもなります。

 

研修事務局のかゆいところに手が届く、ホテルのホスピタリティ

研修を運営する事務局としては、お昼の食事や合間の休憩なども考えるべきポイントのひとつです。そんなとき、ホテルでの研修であれば、会場の準備からお昼の手配、コーヒーブレイクのサービス等もワンストップで提供してもらえます。プログラムの中身や、受講者の管理等に忙しい事務局にとってはありがたいサービスではないでしょうか。

また気をつけないといけないのが、備品の用意漏れです。細心の注意を払っていても、見落としてしまうこともあるでしょう。日ごろ、イベントで利用されているホテルであれば、さまざまな機器や備品の在庫がありますから、例えばプロジェクターを忘れてしまった、スピーカーを置いてきてしまったというようなときにでも、フロントに連絡をすれば、すぐに用意してもらうことができます。研修事務局にとって、ホテルのサービスは痒いところに手が届く、何かあったときにも安心して対応してもらえる、心強い施設だといえるのではないでしょうか。

 

研修効果を上げるための手段として

時間をかけて研修プログラムを組み立てても、肝心の受講者のほうが研修に向き合う姿勢ができていないのでは効果は半減してしまいます。いかに受講者をやる気にさせるか、前向きに取り組ませるかを考えるうえで、日常の職場から切り離すということは研修効果を上げる有効な手段といえるでしょう。そういう意味でも、日ごろよく使う会議室ではなく、ホテルを研修会場として選択することは、研修事務局の助けになるだけではなく、受講者にとっても大きなメリットがあるはずです。

参考:

宿泊研修施設貸し会議室ネット

 

関連する記事

PAGE
TOP