新商品発表会
ホテルフクラシア大阪ベイ|大阪の宿泊研修施設

研修・団体様専用受付
(9:00~19:00)
06-6614-8700

新商品発表会の画像新商品発表会の画像

クライアント様に向けた新商品発表会「前年より内容の濃い新作発表会にしたい!」という強い想いを実現しました。

はじめに

主にケーキやお菓子のパッケージなどの製造・販売をされている会社様。
主力商品はケーキの箱で、それを購入していただく方々に向けての新商品発表会を行いたいとのことでした。
「前年より内容の濃い新作発表会にしたい!」と強い思いを持っていた幹事様。
毎回商品のことをお客様にご理解いただけても、思うように商品に対しての意見が引き出せないという課題を解決したご提案をいたしました。

ヒアリング

ルールを「しなければいけないこと」として、機械的に捉えるのではなく
「そのケアがなぜ必要なのか?」について深堀。

インターネットで検索してはじめてご予約いただいた幹事様。
下見にお越しいただいた際、強く印象に残ったのは「前年よりも濃い内容の新作発表会をしたい! 力を貸してほしい!」と、おっしゃったことです。

なぜ幹事様がこれほど頭を抱え、悩んでおられたのか……理由は2つありました。1つは、この新作発表会に来場される方々が、とても大切なお客様であるということ。そして、2つ目は、毎回お客様に新商品のことをよく知っていただけるものの、ご感想、ご意見などはほとんどいただけていないということでした。

新作発表会を行う目的のひとつは、お客様の生の声を伺い、商品開発につなげていくことなのに、それが達成できずにいたのです。

ヒアリング風景
ヒアリングでみえた!!発言しやすい環境作りのために行った3つのご提案

ご提案01 発言しやすい島形式でのレイアウトを提案

質疑応答の際は島ごとに話し合える形式に

今までの発表会では、席のレイアウトは演台の後ろにずらりと机が並ぶ、一般的なスクール形式でした。プレゼンを聞くだけならこれでよいでしょうが、お客様にとっては発言しにくい環境です。そこで、席をいくつかの島に分けておき、質疑応答の際は島ごとに話し合っていただくことをご提案。

それを聞いた幹事様は、実はご自身でも島形式を検討したことがあったものの、実績がないため不安を感じていたということを打ち明けてくれました。そこで「それならレイアウトを組んでみましょう!」と、その場で一緒にレイアウトを作ってみました。実際にレイアウトをしてみると、幹事様も次々と具体的なイメージが広がったようで、時間はかかりましたが納得できるレイアウトが完成しました。

レイアウトイメージ

ご提案02 喫煙者が多い発表会のために貸し切り喫煙所を用意

喫煙所イメージ

休憩時間も会話がはずむように

会話がはずむ場所のひとつとして思いつくのが喫煙所。
そこではお客様からより活発な意見が伺えることが期待されます。しかも、今回のイベントの参加者は全員男性で、喫煙者が多いとのこと。

しかし、休憩時間はとても短いという課題が見えてきました。そこで、その問題を解決するために、移動時間を減らすために発表会が行われるのと同じフロアに貸し切りの喫煙所を用意しました。

ご提案03 スケジュールの変動にも対応できる準備

お客様の不安を予め想定し、臨機応変に。

今回のイベントのポイントは、お客様の意見を丁寧に聞くこと。
そのため、スケジュールの変動、特に遅延があるかもしれないことを大変気にされていました。なかでも、夕食懇親会の時間が心配とのこと。

私は「スケジュール変動については、できる限り対応させていただきます」とお伝えし、懇親会については最大1時間の遅れを想定して準備を進めました。

懇親会場イメージ

下矢印

結果

話し合いが盛り上がり有意義な発表会に

幹事様と二人三脚で迎えたイベント当日。
夕食懇親会まで滞りなく行われ、「みんなの話し合いが盛り上がって、スケジュールがおしているんですよ!」と言いながら、
とても忙しそうに、しかし、嬉しそうな幹事様の姿がありました。
私は幹事様をお見送りできませんでしたが、フロントにご丁寧にお礼を言ってくださり、
私自身もやりがいを感じることができました。

話し合いイメージ 話し合いイメージ

講座成功のポイント

  1. point01 お客様の意見を引き出す島形式を提案し、実際にレイアウト
  2. point02 参加者のニーズを事前に把握し、それに合わせて貸し切り喫煙所を設置
  3. point02 スケジュールに余裕を持たせ、余分な机、イスの用意など、当日の変更にも備える
関連する記事

PAGE
TOP